I'm a businessmanって言ったら驚かれました。何か変ですか?


  あなたは"businessman"と聞いて何を想像するでしょうか? スーツを着てネクタイを締めて、「さぁ、今日からビジネスマン!」
  って、大部分の外人さんは「そんな訳ないでしょ。」と 胸をヒト叩き。突っ込みの1つも入れたくなるでしょう。
  今回の内容ですが、辞書によっては載っていると思います。 ビジネスマンとは一般的に企業の経営者や管理職の人を指す言葉で、 少なくともスーツにネクタイとは関係ありません。つまり、例えば自営業で カレー屋さんを営み、日頃は白衣に身を包んでいようが、自分でその店を 始めたのなら「ビジネス」を始めた人なので立派なビジネスマンです。
  つまり、businessmanは日本語で、「実業家」に近いイメージと 言えるでしょう。きっと皆さんの身近にもそう多くはbusinessmanは居ませんよね?
  では「社長以外はbusinessmanとは言わないの?」と言うと、上でも 述べさせて頂いているように、管理職レベル、つまり経営自体に関わっている方達は businessmanと呼んでも差し支えないようです。

  もしかしたら、英会話教室がしばしば宣伝している「ビジネス英会話」 とやらですが、一番最初に学ばなければいけないのはこの英語かも知れませんね。
だって、間違っても客先に「I'm a businessman.」なんて恥ずかしくて言えないと 思いませんか?
  ちなみに、このホームーページをご覧の90%以上の方は恐らく
"office worker"
です。つまり、毎月基本的に給料制で働いている方々です。
  日本語のイメージだと、"office worker"より"businessman"の方が 数段カッコ良く見えるのに残念ですね。

〜まとめ〜

・会社では経営に関わるCEOと呼ばれる方達が基本的にbusinessman。
・会社で多少給料多くもらっていようとも、経営に関わらなければoffice worker。
・白衣だろうが、私服だろうが、自営業でも自分でビジネスを始めた人は立派なbusinessman。

  国レベルで大きな勘違いをしているのかも知れないですね。


日本英語教育のバックアップを目指せ!TOPページへ戻る